業務ロボット
finibo

finibo: 洗浄後工程での食器自動仕分けロボット

finiboは、株式会社フジマックと共同開発した食器自動仕分けロボットです。コンベア型食器洗浄機は、病院やホテルの厨房や飛行機の機内食の工場で用いられています。洗浄機から出てくる食器を仕訳けてコンテナに収める作業に3~5人の作業者が関わっています。

食器の仕分けと収納のような繰り返し作業をFiniboが担うことで、
作業者の負荷軽減と、現場の生産性向上につながります。

1. 洗浄後工程を自動化

洗浄工場や大型厨房では、食器片付けを担当する作業員は、熱気と蒸気の中で長時間立ち続けることになるため、作業員が集まりにくく離職率も比較的高いです。この洗浄領域の人手不足を解決するため、TechMagicとfujimakは、食器自動仕分けロボットfiniboを開発しました。

2. finiboの仕組み

finiboは、ベルトコンベア上から食器を取り上げるロボット(Picker)と、食器をコンテナにしまい込むロボット(Stower)の2台のロボットが協調して作業を行うシステムです。

Pickerは、あらかじめ外観を登録した食器をカメラで認識してベルトコンベア上からピックアップすることができます。フライトコンベア(食器を立てて洗浄する効率のよいコンベア形状)の上の、姿勢や位置がランダムな食器もきちんと取り上げることができます。Stowerは、食器を種類ごとに仕分けてコンテナに平らに積んでいきます。作業者はコンテナがいっぱいなったらコンテナを取り出して次の工程へ運び、空のコンテナに入れ替えます。

▲Picker
▲Stower

3. 実証実験の概要

ANAC羽田工場での実証実験では、コンベア洗浄機とロボットアームを組み合わせ、食器の仕分けと収納のような繰り返し作業をfiniboが担うことで、食器の取り出し工程を自動化し、作業者の負荷軽減と効率的な人員の配置の可能性を検証します。

▲トラッキング技術による画像認識の様子
▲ANA羽田工場内のコンベア式洗浄機に設置されたfinibo①
▲ANA羽田工場内のコンベア式洗浄機に設置されたfinibo②

今回の実証実験をもとに関係者と連携し、事業所に適合した改良を行い、本格稼働を目指します。今後も慢性的な人不足が見込まれる中、そして衛生管理の徹底が求められる中、抗菌・抗ウイルスの対応に優れた厨房施設の構築を目指します。